保険に関する手続き

生命保険、国民保険、労災保険など、いざという時のための保険に関する諸手続きを解説しています。

生命保険金の請求

時期 死亡から2年以内
手続先 契約していた保険会社
必要なもの 各社によって異なります。
備考 各社によって対応が違いますので、直接お問い合わせ頂くことをおすすめします。

国民健康保険加入者の葬祭費請求

国保の被保険者が亡くなった場合、およそ1~7万円の葬祭費が支給されます。(支給額は自治体により異なります。)

時期 葬儀から2年以内
手続先 被保険者(故人)の住所地にある国民健康保険窓口
必要なもの
  • 国民健康保険証
  • 印鑑
  • 受取人の振込先口座通帳
  • 葬儀社の領収書など
  • ※領収書が用意できない場合は葬儀社の電話番号、案内状、挨拶状など、喪主が確認できる書類が必要です。

労災保険の遺族補償給付請求

労働者が業務上の事故が原因で亡くなったときに、故人によって生計を維持されていた遺族には労災保険から遺族補償年金が支給されます。

時期 死去から5年以内
手続先 故人の勤務先を所管している労働基準監督署
必要なもの
  • 故人との関係がわかる戸籍謄本
  • 死亡診断書(死体検案書)
  • 源泉徴収票など(故人により生計が維持されていたことを証明する書類)
備考 出勤途中の事故によって亡くなった場合も、この遺族補償年金が申請でき給付されます。
なお、労災保険では
参考URL 遺族補償給付|労災保険情報センター
ページ上部へ戻る