準備が大変!

密葬よりも参列者が多く、また込める意図も多い社葬(お別れの会を含む)・合同葬の運営はとても大変です。
社に関わりのある人々への早急な訃報連絡・しっかりとしたビジョンの継承や信用の引き継ぎを果たすための完璧な運営など、挙げればキリがないほどに大変です。

以下では、大変な準備を進める中でも”特に大事な仕事”を挙げます。

訃報管理

訃報は亡くなってからすぐに送る必要があります。
なぜならば、できるだけ早くお伝えして、お葬式の日時を空けておかなければならないからです。
早急な訃報の送信は、あらかじめお呼びする人のリストを作成していることが必要不可欠です。
「なぜ私が呼ばれていないんだ!」や「こんなに急に知らせを貰っても都合が付かないよ!」などといったことにならないように、入念な事前準備を済ませましょう。

故人の遺志の尊重

ご遺書やエンディングノート、ご家族から聞く故人の生前のご希望などを出来る限り反映して、式を執り行う必要があります。
お別れの会で流す音楽や展示する物の参考にすることが一例です。

葬儀社の選択

葬儀社にあらかじめ相談しておくことは重要です。
まず亡くなったその時に、すぐに適切な葬儀社を選択することは大変に困難なことです。
次に葬儀社の多くは、お葬式の運営に関して豊富な経験があるので、事前準備や直後の対応などについて、とても有益なアドバイスを貰うことができます。
適切な葬儀社の適切なサポートを得て、故人に対して粗相のないお葬式を執り行いましょう。

ページ上部へ戻る