義母の相続で大変だったこと

みなさん、相続というと、プラスのことばかり考えていませんか?
相続って意外に知られていないというか普通の人は想定していないのですが、マイナスの相続というのもあるんですよ。
プラスのもののみ相続できればいいのですが、相続は、プラスのものもマイナスのものも引き継ぐ事になります。
我が家の場合、義母がなくなった際に、マイナスの相続が発生しました。
義母名義の土地を処分したときに、所得税の支払いが滞っていたため、国税へ債務がありました。
そして、相続は直系の血族のみに発生します。私は、嫁の立場なので、相続の権利もなければ、支払いの義務もないのでいいのですが、主人が相続するとなると、負の遺産を支払いつづけなければなりません。
でも、みなさんご安心ください。
法律は、きちんとあなたを守ってくれます。
我が家は、相続放棄の手続きをとりました。
手続きも比較的簡単で、申し立てをする人の住んでいる管轄の簡易裁判所で、専用の用紙に必要事項を記入するだけです。続柄を証明するために、相続される人とする人の関係性のわかる戸籍が必要となります。手数料も、1件(一人)2,000円ほどです。
未成年の子供の分も、両親が代理人となって手続きをする事ができます。また、必要書類されそろっていれば、代理人の提出でも大丈夫です。
私には関係ない事と思わずに、マイナスの相続は、引き継がなくてもいいって覚えておいてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る