生前贈与で勉強。有利な相続ができるようになりたいです

私の父親は資産をいろいろ持っています。

不動産、普通預金、株式、投資信託。

まずどこの金融機関にいくら、いつが満期の商品を持っているのか?

いずれ親の財産を相続するためには、詳しく知っておく必要があります。

特に私の父親は株式投資が趣味で、幅広くいろいろな会社に投資しています。すべて地元の証券会社の店頭で売買しています。

父が元気なうちに半分をネット証券へ。半分は今まで長年支店とのお付き合いがあるということで、支店に残しておきました。

相続する身内は母、妹、私の3人ですが、だれも株式投資などしたことがありません。

そこで私は数年前から父親の株式をいつか有利な形で相続できるように、証券会社に口座を開設しました。

地元の証券会社とネット専業の証券会社です。

自分でも株式の勉強を始め日経新聞や四季報片手に、株の勉強を始めました。

私が開いたネット証券の会社は、ネットの画面上で贈与ができます。そのため年間110万円までは贈与税がかからずに贈与できるため、父にお願いして毎年少しずつ株を贈与してっもらっています。

その株をしばらくみて、利益がでてきたら売り。そのお金で自分なりにいろいろ会社を研究し売買するようになりました。

父の株券を生前贈与して、父の財産の一部を相続するようになりました。

父が不幸にしてもこの株は将来性があると判断できれば、父の株をキャッシュで相続するよりも株券で相続したほうが有利となります。

その判断は少しずつ父が元気なうちに相続者が勉強、判断する知識をつける必要があります。

父の相続をきっかけに経済にも興味が持てるようになったし、せっかく父が残してくれた財産を無駄なく相続したいと思っております。

関連記事

ページ上部へ戻る