祖母の財産を長女が独り占めしまっている

3年前に母の妹がなくなったわけですが75歳だったです。そして叔母は結婚を一度もしないで、相続権があるのは母を含めた姉3名、妹1名です。そして、叔母の資産は退職金や株など合わせて1億円ぐらいあったみたいです。ですが、元から姉妹の中がよくなかったと言ったことを利用して、長女の住む目一家がその財産を全部相続してしまいました。どうしてそんなことができるのでしょうか。このご主人は京大の法学部出身であり、大手企業の海外支社長をずっと勤めている人物です。

そして、息子は帰国子女で有名私立大学法学部の出であり、大学卒業をした後に、司法試験を受けていきながら、弁護士事務所に勤務したのです。そして弁護士になれなかった診たいですが、そうしたほうに精通している一家は叔母に公正証書を残させたのです。

そして、肺がんによって余命数か月と宣告されて弱っていた時うまく言い寄ったみたいですが、公正証書には全財産一切をこの家族に譲るといったことがかかれており、叔母はむかしから私に自分尾財産は全部国に返すといったことを言っており、この家族からそのことを告げられた時、ほかの親戚も何を言われているのかわからないような状況でした。そしてその後いろいろともめて、裁判で勝てるわけがないとあきらめていました。

関連記事

ページ上部へ戻る