父の葬儀代についての家族のくだらないケンカ。

2012年の冬、父が心臓発作で亡くなりました。
家族は父の他、母と姉と私、の4人で暮らしていました。
姉は昔から父とはぶつかり合い、姉が20歳の頃、今から10年前には家を出ていました。
私は姉とは仲良くしたかったのですが、姉は一方的に私たち家族から離れ、どこに住んでいるのかさえわからない状況になっていました。
父が亡くなった時も姉とは全く連絡がとれなかったので、姉は父が亡くなったことを知りませんでした。知ったのはその一ヶ月後。
葬儀の時は私が疲れた母の代わりに音頭をとりました。
私の妻の友人で葬祭場で働いている人がいたため、難しい問題は起きなかった、はずでした。
母と私の間で、棺桶や花を選びました。
父は豪放な性格でしたが、背は小さく、周りのことを気にする人間でした。
私が幼いとき「俺が死んだら海にでも骨を撒いてくれ。墓なんて窮屈だしよ、それにお金かかるだろ?そうだな、鳥に食ってもらってもいいけど、それは無理な話だよな。」と言っていました。
それを思い出し、母とグレードは一番低いのから次の、普通ランクのものを選びました。
葬儀は終わり、私はあまり元気とはいえなかったとき、母から「お姉ちゃんが来る。」という知らせを受けました。
母から父が亡くなった事を知らせると、姉は「そうなんだ。で、遺産はどうなってんの?」と言いました。
もちろん分配をすることを伝えましたが、葬儀代の話をすると「そんなん一番安いやつで良かったのに、あの人そういう人じゃなかった?何十万も浮いたのにさ。」と言いました。
私と母は姉にその時もう何を言ったのかまるで覚えていません。
ですが、姉は「もう二度と会わない。」と言って出て行き、また連絡がとれなくなりました。
母と私は悪い事をしたとは思っていません。やはり父の最後は少しでも華やかにしたかったのです。
2014年の春に、姉が結婚したと友人から聞きました。
私たちは全く知りませんでした。

関連記事

ページ上部へ戻る