我が家の相続

3年前に父が亡くなりました。
母と私たち兄弟3人。我が家では、相続については、もめる事なくすんなり終わりました。
昔気質の父は、家は男が継ぐものという考えが強かったので、私と姉は小さい頃から実家は弟のものだという意識が強かったかもしれません。それに、私も姉も他県へ嫁いでいるので、実家近くに住んでいる弟がすべてを相続することに異論はありませんでした。
残された遺産も、地方の土地と築30年になる古い家屋のため、処分してもいくらにもならなかったことでしょう。また、母の今後を考えると、弟がすべて相続して、母の面倒をみるとうのが一番ベストな選択だと今でも思っています。
相続の手続きも、すべて弟夫婦がやってくれたので、私と姉は、相続しない旨の書面に記名押印し、印鑑証明を提出するだけでよかったです。なんだかあっけないくらいにあっという間に終わりました。
弟は、土地と家屋の名義変更に伴い、司法書士に先生へ支払いが生じていたようなので、相続できたから、万々歳とはいかなかったかもしれません。
それでも、私と姉は、母が、弟夫婦と住み慣れた家で、のこりの人生をゆっくりのんびり過ごせる事がなによりの願いです。
実家に下手に大金があって揉めるよりは、私たち兄弟は幸せなんじゃないかな〜と思います。

関連記事

ページ上部へ戻る