死亡届や年金に関する手続き

ご逝去直後に市役所へと提出する必要があるものを集めました。

死亡届

時期 死亡の事実を知った日から7日以内
(国外で死亡したときは,その事実を知った日から3か月以内)
手続先 死亡者の死亡地・本籍地又は届出人の所在地の市役所,区役所又は町村役場
必要なもの 死亡診断書又は死体検案書 1通
参考URL 法務省:死亡届

火葬・埋葬許可申請

時期 死亡届と同じく、死亡の事実を知った日から7日以内
手続先 死亡届と同じく、死亡者の死亡地・本籍地又は届出人の所在地の市役所,区役所又は町村役場
必要なもの 特になし
備考 死亡届の提出と同時に行うとよいでしょう。

年金受給停止の手続

時期 死亡から10日以内(国民年金は14日以内)
手続先 年金事務所または街角の年金相談センター
必要なもの
  • 亡くなった方の年金証書
  • 死亡の事実を明らかにできる書類(戸籍抄本、死亡診断書のコピー等)
備考 提出が遅れると、年金を多く受け取りすぎることとなり、後で返納しなければならなくなる場合があります。
参考URL 年金を受けている方が亡くなったとき|日本年金機構

世帯主変更届

時期 死亡から14日以内
手続先 市区町村の戸籍・住民登録窓口
必要なもの 届出人の印鑑と本人確認できる証明書類
備考 世帯主である人が亡くなった場合、次に誰が世帯主となるかを申請する手続きです。
世帯主であった故人を除いて、世帯人数が2人以上の場合のみ必要な手続きとなります。
ページ上部へ戻る