社長の終活は事業継承のセレモニー

社長が生きてる間に行う終活の役割は2つ。
ひとつは亡くなった方(つまりは、あなた自身)とのお別れの場。想いを整理するため。 もうひとつは、後継者、企業との今後の関係を確認、すなわち「絆」を確認するため。
「社長の終活」は、企業繁栄のための、重要な企業行事を確認するためのサイトです。

ページ上部へ戻る